logo

バイアグラジェネリック1錠あたり約200円~1100円

バイアグラジェネリック1錠あたり約200円より



バイアグラジェネリック1錠あたり約200円~1100円
バイアグラジェネリックは、バイアグラよりも15〜35%割引された価格で購入することができ、勃起不全や早漏の治療費を少しでも節約したい方におすすめです。1錠あたりの価格は、ジェネリックの種類や輸入代行サイトなどによって千差万別です。実際にいくつかのバイアグラジェネリックを試してみた後、比較して一番効果がありリーズナブルなものを選ぶことが賢明でしょう。価格が高いほど効果があるという訳ではありません。最終的には、自分の身体に合ったジェネリックを購入することが、最も重要であると言えます。

ジェネリックの主成分はクエン酸シルディナフィルですが、製造工程で若干の添加物の違いが生じる場合があります。本来、成分が同じであれば効果も似ていなければいけませんが、100%同じ効果が現れると言い切ることはできません。そのため、いくつかのバイアグラジェネリックを試してみた後、比較して自分に合ったジェネリックを見つけることが重要です。

大容量のジェネリックを半分に割り、2回に分割して服用すると効率的・経済的



ジェネリックを効率的かつ経済的に服用したいのならば、最も価格が安いジェネリックを服用するか、大容量のジェネリックを半分に割って服用するといいでしょう。一般的なバイアグラの容量は、1錠あたり50mg程度ですが、医療機関では一般的にその半分の25mgを処方されます。しかし、個人的に輸入すると100mgの大容量のジェネリックも販売されていますが、この大容量のジェネリックをピルカッターで半分にし2回に分割して服用することも、経済的な方法と言えます。個人的に輸入代行サイトで購入すると薬の価格の差はほとんどありませんが、容量の差が大きいため大容量のジェネリックを購入し、その日の体調に合わせて服用することが効率的だと言えます。ある日は50mgを服用し、また違う日には薬を半分に割り、25mgだけ服用しても高い効果が現れることがあるので、その日の体調をよくチェックして服用することが賢明です。しかし、50mgを超えるジェネリックを一度に服用することは注意が必要です。主に日本で処方されるバイアグラの最大容量は50mgで、100mg錠は日本以外の国で販売されています。

高価なジェネリックでもバイアグラの4分の1の価格



市販されているジェネリック1錠あたりの価格は、通常200円~1100円程度です。先発医薬品の場合、最も安いものでも1500円程度なのでジェネリックならその4分の1に満たない価格で購入することができます。ただし、高いから良いものであるとは限らないのでそこは肝に銘じておいて下さい。直接効果を実感して選ぶことが一番正しい選択でしょう。ジェネリックは他のバイアグラに比べて高価ではないので、一番高いものであっても700円程度あれば購入することができます。もし自分の身体とよく合うジェネリックを見つけたら、多めに購入されることをおすすめします。箱で購入すると、少量で購入するよりもリーズナブルだからです。

保険適用が可能なED治療



ED治療は一般的に保険が適用されないため、コスト面の負担が大きい場合があります。しかしEDを引き起こすいくつかの原因の中で - 心理的な要因または身体的要因など - は、保険適用内なのです。ED治療を保険適用で受けたいのであれば、原因を正確に突き止めることが重要です。保険適用が可能なEDの原因治療についてご説明したいと思います。

健康保険が適用されるED治療は、まず生活習慣によって引き起こされる病気の場合に適用されることがあります。誤った生活習慣によって発症する糖尿病や心臓病などの場合に限り、保険適用内でEDの原因治療を受けることができます。しかしEDにのみ効果がある薬、例えばバイアグラ、シアリス、レビトラ、アバナフィル、ステンドラなどを利用して症状を改善することは、保険適用外なのでご注意願います。