logo

人気の通販でのバイアグラの買う方法について



バイアグラを購入するおすすめの方法は?

男性の悩みである勃起不全やインポテンツ(ED)を改善したい方には、ED治療薬が助けになります。ED治療薬を買うする際は薬の使用が健康に悪影響を及ぼすのか、実際に勃起に役立つのかについて真剣に考えてみなければいけません。

次にバイアグラの買う方法とおすすめする人気の通販での買う方法について、簡単に整理してご説明したいと思います。どんな方法が安全で安心して購入できるかどうかは、最終的にユーザが選択しなければいけません。

調剤薬局でバイアグラを安心して購入する



調剤薬局でバイアグラを安心して

近所の病院や医療機関で医師の診察と処方を受け、近くの調剤薬局で薬剤師からED治療薬を入手する方法があります。

一般的に初めてED治療薬を使用する方は、クリニックや泌尿器科などで相談して処方を受けてから近所の調剤薬局で、他の薬局との価格比較したりせずにバイアグラを買うそうです。それは購買後にすぐ試してみたいと思う理由からだと思います。

バイアグラジェネリックも普通のバイアグラと同じように、病院に行き主治医にED(勃起不全)に該当するか診察を受けて治療薬が必要であると診断された場合にだけ、医師から処方を受け調剤薬局で買うすることができます。バイアグラジェネリックの効果は普通のバイアグラと同じで、購入時に服用方法や注意事項、副作用などについて気になる点を薬剤師に聞いてみることもできます。

参考:

調剤薬局での処方せん受付について



薬局でED治療薬の買うするには、まず病院で受け取った処方箋を持って行かなければいけません。ただし、薬局は必ず処方せんの受付をしている調剤薬局でなければいけません。調剤薬局とは、薬剤師がいる薬局のことです。一般医薬品(OTC医薬品)だけを扱っている薬剤師がいない薬局(例:HACなどのドラッグストア)では、ED治療薬を購入することができません。

国内の薬局で買えるEDジェネリック治療薬の場合は、1種類のみ可能



現在、市場にはニセモノの薬、偽造品が多く流通しています。ジェネリック医薬品も同様です。本物のバイアグラジェネリックのバイアグラを入手するには、調剤薬局で買うすることが一番安心できる安全な方法です。

バイアグラジェネリックは、ネット通販でしか販売されていないのでは?薬局でも購入できるの?などと疑問に思っている方には、次の説明をお読みになることをおすすめします。

日本の薬局で購入可能なEDジェネリック治療薬は、シルデナフィルの1種類のみです。この薬はバイアグラジェネリックとも呼ばれています。商品名に分類すると「トーワ」、「キッセイ」、「YD」、「あすか」、「テバ」などがあります。

医療機関でシルデナフィルを処方された時の有効成分量は25 mgと50 mgがあります。100 mgもありますが、現在日本では処方も販売もされていません。

クリニックでは25 mgまたは50 mgを1錠からでも処方してくれるので、気軽に調剤薬局で買うすることができます。薬局に支払う代金はありませんが、1錠の処方であっても診療所では診察料は支払わなければいけません。

薬局は、大都市である東京だけでなく大阪など全国どこにでもありますが、バイアグラジェネリック専門の販売薬局はありません。

バイアグラジェネリックとは?



バイアグラはED(勃起不全)治療薬です。このバイアグラに、ジェネリックが製造されて発売されています。では、ジェネリック医薬品とは何でしょうか?もしかしたら違法ではないのでしょうか?

バイアグラのような先発医薬品の特許期間が過ぎると、同じ成分や効果の薬を他の製薬会社で先発薬の特許権に関係なく製造販売することができるようになります。このようにして製造された薬をジェネリックまたは後発医薬品と言います。

そのためバイアグラジェネリックは、違法ではありません。後発薬だというだけです。有効成分は普通のバイアグラと同じです。また、シルデナフィルの量によって25 mg、50 mg、100mgなどの種類があります。

一般医薬品だけを扱う薬局にで買うことはできる?



一般医薬品だけを扱う薬局にで買うことはできる

現在、国内の一般用医薬品のみを販売する薬局では、処方せんなしでED治療薬を買うすることはできません。しかし、廉価のOTC医薬品専門販売の薬局で胃薬のように気軽に、EDジェネリック薬を安く買うことができる時代が来るのを待っている男性がたくさんあります。

国内の廉価なハックドラッグやウエルシア薬局やHACなどの一般医薬品薬局で、バイアグラが処方せんなしで販売される可能性はあるか?また、バイアグラを扱う専門のED薬局ができる可能性はあるのか?現在の状況としては難しいと思われます。

さまざまな法律の問題や薬事法の規定もあり、近い将来にバイアグラの箱が廉価な値札を張られ薬局の店頭に陳列される日が来るとは正直思えません。

比較的軽い症状であるEDを患っている男性が、持続的に増加していることを思うと残念なことです。

薬専門のネット通販サイトで買うすることができるバイアグラ(*人気の方法です。)



薬専門のネット通販サイトで買うすることができるバイアグラ

ED治療薬は、薬局や診療所で受け取った処方せんの提示なしには絶対に買うすることができません。しかし、病院に行かなくても通販で購入する事ができます。男性にとっては朗報ですよね。クリニックに行かなくても良いということは、買うするのに処方せんが必要ないということです

サイトからの購入は、海外の個人輸入代行をする店舗からの購入となります

世界的に有名なこの商品は、1000個以上のオンラインサイトで扱われているそうです。ある調査によると、医薬品の個人輸入代行の店舗を利用している顧客の数と販売されている薬の量が、持続的に増加しているそうです。

輸入代行をするネット通販の分野にも実績があり運営期間が長い大企業はありますが、バイアグラは大企業であるECサイト(Amazonや楽天市場)では、取り扱っていません。

[関連情報]
クリックする
*海外からのED治療薬の個人輸入代行情報、ニュースコラムを提供しています。

オンラインの通販薬局は、バイアグラジェネリックも豊富に取り扱っています



個人輸入代行のオンラインサイトでは、少量のシルデナフィル1錠箱をオーダーすることもでき、また安い価格で買うこともできます。

簡単に注文する事ができますが、東京や名古屋などにある廉価な薬局と配達期間を比較してみると、注文してから自宅に配送されるまでの日数がかかることが不便です。大体5日ほどで届き、服用することができます。

購買時には、通販店舗の価格や配達日数、顧客の声、支払い方法などを比較しながら、バイアグラジェネリックを買うすることができます。ちなみに最近では注文代金の支払い方法として代引きができる店舗もあるので、通販はかなり便利で人気のある買う方法となっています。

購入する男性の多くは、初めてバイアグラを買う前にまず病院で泌尿器科専門医の診察を一度受けてみるそうです。心臓病のような疾患や症状について、併用してはいけない薬について、薬の副作用についてなど、事前にチェックしましょう。発生する可能性のあるトラブルを事前に予防することは重要です。

バイアグラを通信販売している国内の店舗と海外の店舗の違い



PDE5阻害薬を買いたい場合はインターネットで個人輸入代行店舗を通して、海外から発送される薬を購入しなければいけません。

それでは、国内から発送される薬を買うことは可能でしょうか?それは不可能です。バイアグラを日本で買うすることは、国内の通販ルートではできません。薬事法や関連の法律によると、国内で未承認薬を含む処方せん医薬品の購買は、必ず海外から発送される薬でなければならないという規定があります。

国内または海外のお店から医薬品を買うことは問題ありません。しかし、購入した薬は海外から発送されなければいけないのです。

[関連情報]
クリックする
*ED治療薬に関する情報、ニュースコラムを提供しています。

通販サイト楽天市場では販売されていません。



人気のネット通販サイト楽天市場のランキング機能で上位リストに上がっている店舗で、処方せんなしでED治療薬を買いたいという男性は多いと思います。また、自分が使用しているアカウントからログインして簡単に注文したいと思います。さらにサイトで提供されている各種サービスや配送状況の確認、ポイントの利用、高品質のサービス、代引きでの支払い、コンビニ支払いなどを利用したいとします。

結論から申しますと、現在日本の楽天市場ではバイアグラを買うすることができません。実際に楽天市場でバイアグラを検索してみても、買うすることができる店舗は出てきません。

大企業であるAmazonでも購入できません。



アマゾンでは、バイアグラを買うすることができるでしょうか?どうでしょうか?楽天と同じようにバイアグラと検索してみても、買うすることができるところは出てきません。シアリスやバイアグラやジェネリックの関連商品がおすすめとして検索される可能性はあります。

勃起を促進する勃起不全の治療薬であるバイアグラは現在、大企業の国内通販サイトからオーダーすることができません。

Amazonや楽天市場などでもクリックひとつで、自宅で廉価なオンライン店舗でED治療薬をオーダーすることが、今後難しくなくなるかもしれません。

アメリカのAmazonでは、シアリスやジェネリックを含む医薬品通販市場に参加するために準備中だそうです。近い将来には、バイアグラをアマゾンで買うことができる時代がすぐ来るかもしれません。廉価な価格設定も期待できます。

通販に関する注意事項



海外の薬を含むED治療薬を廉価販売するサイトのデメリットとしては、注意を払って製品を購入しなければいけないということです。何故なら偽のバイアグラや偽造品の薬を実際に販売する悪徳業者がいるからです。

その為、安心できる店舗かどうかを見分けることが重要です。そうすれば、安全な製品を手に入れることができるでしょう。

また、個人輸入で購入した医薬品を他人に与えたり、販売したら違法行為に該当します。犯罪になってしまうので気をつけてください。主治医に相談せずに個人輸入代行業者から購入し、用法や容量、併用禁忌薬に関する知識なしで使用すると、深刻な副作用等が発生する場合があります。注意が必要です。

.信頼できないオンライン薬局や販売店で、30錠3000円、5000円という廉価な価格に食いついてバイアグラを購入して、後悔する場合もあります。信頼できる販売店かを注意深く比較することが重要です。

ED治療薬通販は違法か?合法か?その合法性は?



日本の薬事法によると、海外で販売されている薬を個人使用の目的のために薬を通販で輸入することは認められています。違法ではないのです。しかし販売を目的として輸入する場合は、許可が必要です。

例えば、バイアグラを自分のED治療目的に海外からネット通販で個人輸入をする場合は、合法です。しかし、他人が使用する薬を自分の名前で輸入したり、複数の人が使用する薬を一人の名義で買うする場合は、法律の基本的な趣旨、目的が異なるので違法となります。また、大量のバイアグラを自分で使用するためだと販売店をだまして購入し、1錠または複数錠に分けて第三者に販売しても違法です

女性の名前でバイアグラを輸入することも違法なので、購買が発生しても最終的に配送が完了されません。また会社名義で輸入すると、基本的な趣旨である個人が使用目的で輸入することでないとして、違法と判断され税関で通関手続きが拒否されます

まとめると、ED治療目的のために自分が個人輸入する場合は合法になります。この場合には、輸入代行会社を利用することは問題ありません。多くの男性がバイアグラのようなED治療薬を、個人輸入代行をする通販店舗を選んで購入しています

参考:厚生労働省の薬事法等の一部を改正する法律について

病院でバイアグラを買うする方法



ED治療は医療機関の泌尿器科、循環器科、内科などで診療しています。

ED治療薬は、病院で医師のカウンセリングを受けて使用するかどうかを判断する必要があります。



病院でバイアグラを

診察を受ける場合には、相談が簡単なクリニックで処方を受けて、該当するクリニックから直接買うすることが一般的となっています。バイアグラの処方を専門とする病院は、ネットで簡単に検索することができます。バイアグラを始めとしてレビトラ、シアリスなどの薬も処方せんが必要です。ちなみにED治療薬は保険適用外です。その為、診断時に保険証は不要です。

クリニックでバイアグラジェネリックの入手も可能



バイアグラのジェネリック製品は、最近までカマグラやスハグラなどの海外製のものを通販で買うするしかありませんでした。しかし医薬品の特許期間が終了し、日本製のジェネリックが製造されて今は安全な日本の制度で購入することができるようになりました。

参考:

バイアグラと同じように、国内では医師の処方以外の買う方法はありません。日本では、処方せんを提示して調剤薬局や診療所で入手することができます。安全で、先発医薬品に比べて少しでも安いジェネリックを利用したい場合は、病院かクリニック訪問時に医師に先発医薬品の代わりにジェネリック薬の処方をお願いすれば、国内の製造のバイアグラジェネリックを処方してもらえるでしょう。