logo

危険なシアリスに注意しましょう!

偽造品が多いシアリスは、通販などでの購入の際は注意!



偽物が多いシアリスは、インターネットなどでの購入の際は注意!
ED治療薬は本来、病院で処方を受けなければならず、それはシアリスにおいても同様です。しかし、ネット上でシアリスを販売しているサイトはたくさん見かけます。インターネット上で販売しているシアリスは果たして安心できる物なのでしょうか?販売しても違法ではないのでしょうか?今から、シアリスについてご説明していきたいと思います。

シアリスは原則として病院で処方



先に述べたようにシアリスなどのED治療薬は、原則として医療機関で医師の処方を受けなければならず薬局で簡単に買うことはできません。 シアリスを処方するときは、必ず処方を希望する人の健康状態をチェックします。シアリスは一緒に服用してはいけない併用禁忌薬があり、場合によっては絶対に服用してはいけない人もいます。また、医師の診断によって容量が変化するので、必ず国内で承認された正規品のシアリスを購買することをおすすめします。

インターネット上で販売されるシアリスは非合法なのか?



インターネットでたまに個人輸入代行で海外から輸入したシアリスを販売していますが、国内からこの薬が発送されると違法となります。健康に非常に良くない影響を与える偽物が混在していることがあるので、注意してください。

危険な通販店には注意!



インターネットで売られているシアリスは、偽物である確率が高いです。 ED治療薬は偽造品の薬が多いですが、シアリスはその中でも偽物が多く疑うことなく服用してしまう人が多いです。日本では5mg、10mg、20mgの合計3種類の容量を販売していますが、それよりも少ないものや多いものは偽物である確率が高いです。偽造品は薬に刻まれている文字やパッケージが本物と異なります。正規品は「C20」、「C10」などが刻まれていますが、偽造は他の言葉が刻まれている場合や全く何も刻まれていない場合があります。そのため購入前に慎重に確認しましょう。

偽物の薬の中には不十分だとしても有効成分が含まれていることもあり効果がある場合もありますが、安全であるということは絶対にありません。少しでもリスクを軽減するためには、信頼できる通販業者や病院などで処方してもらうべきでしょう。本物に比べて法外に安いものにも注意が必要です。

偽物シアリスによる被害事例



シアリスは副作用があまりない薬として知られていますが、偽物を服用した時は健康を害する危険性が非常に高いです。日本でも偽造品シアリスによる被害事例がありました。2010年にシアリス100mgを服用した一人の男性は、急性の痙攣発作で意識を失うという事例が発生しました。また2011年には偽物を輸入した男性が薬による急性肺炎で死亡するという事例もありました。このように偽造のシアリスを服用すると健康を害し、生命まで脅かすことがあるのです。そのため正規品のシアリスを服用しましょう。