logo

非合法なバイアグラに注意しましょう!

危険なバイアグラに注意しましょう!



偽物バイアグラに注意しましょう!
2000年前から販売され、飲むED治療薬としては世界初であるバイアグラは、多くの人々から愛されています。ただし、販売されているバイアグラの中には偽物のバイアグラも存在しています。特に、最近では通信販売などでバイアグラを簡単に購入することができますが、偽物のバイアグラが多いので注意して下さい。偽物のバイアグラは品質管理されていない場所で作られているため、安全ではないものがほとんどです。 見た目も青いひし形で肉眼上では区別することができませんがとにかく成分も良くなく、純正バイアグラとは大きな差があります。また、承認されていない高容量の製品も出回っており、不純物が混ざっており有害である可能性が大きいです。インターネットや海外で個人輸入することができる偽物バイアグラについて紹介していきたいと思います。

通販で出回っているバイアグラの中には偽造品がある!



インターネット上で販売されているバイアグラは、クリニックで処方されたバイアグラに比べて安価で種類も豊富です。また、専門医の診断を受けなくても簡単に入手することができ、多くの人々がインターネットでバイアグラを購入しています。その中には、海外から発送されるにも関わらず送料が無料で市販されているバイアグラよりも効果が高いなど、広告の宣伝文句に踊らされ買ってしまう人も少なくありません。しかし、このような広告は罠で、専門医の処方なしにインターネット上で流通している医薬品は、偽物である可能性があります。日本国内においてバイアグラは、購買するために専門医の処方が必要です。そのため、それ以外のバイアグラは、安全性や品質にどのような欠点があるか誰も知りません。いくら安くて効果が高いと宣伝されていても、オンラインでバイアグラを購入することは危険なのです。

偽物バイアグラとは、どんなもの?



ファイザー社の純正バイアグラは、青いひし形の形をしています。そのため多くの人々はひし形だと本物のバイアグラだと信じてしまいます。しかし偽物のバイアグラもまた純正と同じ形をしており、純正品ではないのに「pfizer」のロゴが薬に刻まれているものもあります。純正バイアグラと偽物バイアグラの違いは、以下のいくつかの点から見つけることができます。

サイズの違い



偽物バイアグラは純正に比べて、サイズが大きいものや小さいものがあります。純正品と比べてみると、容易に見分けることができます。

色とロゴの違い



純正バイアグラは、青くてファイザーのロゴが刻まれています。ロゴの深さやファイザーというデザインが微妙に異なる点もまた純正品との差のひとつです。

容量の違い



日本のバイアグラは25mgと50mgの2種類が正規品として販売されています。つまり、これより容量が小さいものや大きいものは偽物の場合があります。しかし、海外では100mg、120mgなどの正規品のバイアグラもあるので、この点は覚えておきましょう。

パッケージの違い



日本で流通しているバイアグラは、パッケージの後ろに日本語で警告文が表記されています。この警告文がないもの、日本語以外の言語で書かれものは、国内の正規品ではありません。

溶け方の違い



溶け方の微妙な違いも本物と偽物を見分ける方法の一つです。正規品に比べて溶ける速度がとても遅い場合や速い場合には、偽物である可能性が大きいです。このように正規品と偽物には違いがたくさんあります。このような違いが一つでもあるバイアグラは、服用時の注意が必要です。

信頼できる個人輸入代理店のバイアグラの安全品質



正規品と同じ規格の偽物バイアグラやジェネリック市場に多く出回っており、そのような商品の真偽を専門家ではない人が見分けるのは非常に困難なことです。偽物バイアグラに医薬品成分以外の異物や覚せい剤成分など、正規品と全く異なる医薬品成分が含まれているとします。もし偽物であることを知らないまま服用すると、健康に大きなリスクをもたらすことがあります。品質と安全性が確保されたバイアグラは、病院でのみ処方されるということを覚えておきましょう。